高級店に出入りしよう

高級感に出入りすることで人間力が確かめられる?

突然ですが、あなたは日常的にどの程度高級店に出入りしているでしょう?

 

高級店はなんだか高そうだし敷居が高くて、入れない、入っても緊張してしまう・・・・

 

そんな風に感じてしまっていてはNG!

 

高級店に出入りしても物おじしない度胸を身につけることで

 

同時に大物の風格を少し身につけることが出来ます。

 

高級店に慣れたくらいじゃ正直まだまだですが、大物感を磨く第一歩としてはおすすめです。

 

高級店に出入りしてお店の店員さんと対峙する中で、あなたは店員さんのあなたへの扱いに気がつくでしょう。

 

高級店の店員さんって、多少お客さんのオーラや大物感をかぎ分ける嗅覚が発達している場合が多いです。

 

普段高額な商品やサービス、そして金銭を扱うだけに、小物感のある人には割と冷ややかな態度や視線を送ってくることがしばしばあります。

 

商売ですのでそりゃあ”コイツじゃ売り上げにならないな”と思う相手よりも”この人は上客に違いない”と思う客の方に手厚いサービスがいくのは当然だと思います。

 

そんな高級店で店員に”上客だ”と思わせる大物感のある人物を目指しましょう。

 

要は目の利く人間にも”こいつは何かあるな”と思わせられるということは、あなたの存在感やオーラの成長を意味するのです。